読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

煙と消えるその前に

一服してるうちに忘れる、自分のための備忘録。とかとか

amazon linux 64bitにzabbix-agentをインストール

なんとなくzabbixな気分になって遊んでみた

環境

  • amazon linux 64bit
    • security groupでTCP:10050を許可しておく
  • zabbix-agent 2.0.6-2.el6

参考

zabbix-agentインストール

$ sudo yum install --enablerepo=epel zabbix20-agent
$ sudo vi /etc/zabbix_agentd.conf
$ sudo diff -U 1 /etc/zabbix_agentd.conf{.org,}
--- /etc/zabbix_agentd.conf.org 2013-06-25 17:05:49.375962434 +0000
+++ /etc/zabbix_agentd.conf     2013-06-25 17:30:06.729099842 +0000
@@ -81,3 +81,4 @@

-Server=127.0.0.1
+#Server=127.0.0.1
+Server=[zabbix-serverのPublicDNS]

@@ -122,3 +123,4 @@

-ServerActive=127.0.0.1
+#ServerActive=127.0.0.1
+ServerActive=[zabbix-serverのPublicDNS]

@@ -133,3 +135,3 @@

-Hostname=Zabbix server
+Hostname=[zabbix-agentのPublicDNS]

@@ -189,2 +191,4 @@

+AllowRoot=1  #root権限のファイルを監視したいため
+
 ############ ADVANCED PARAMETERS #################

$ sudo /etc/init.d/zabbix-agent start

監視対象の設定

zabbix-serverのWebUIにログインし、「設定」> 「ホスト」> 「ホストの作成」

  • ホスト名にはagentをインストールしたEC2のPublicDNSを入力
  • DNS名にも同様にPublicDNSを入力し、接続方式をDNSにする

メモリの空き容量を監視してみる

ホストの設定画面から先ほど作成したホストの「アイテム」> 「アイテムの作成」

  • タイプ:Zabbixエージェント(アクティブ)
  • キー:vm.memory.size[free]
  • データ型:数値

アイテム作成後にグラフを作ることもできた。
けど、色々項目がありすぎて全然掴めない・・・。少しずつ慣れるしかないか